MENU

借金滞納 解決策はあるのか

キャッシングしたお金が返済できない!
借金のために借金を重ねて収集がつかなくなっているなど

 

借金の悩みに押しつぶされていませんか?

借金滞納

 

一度借金にはまるとそう簡単には抜け出せません

 

  • 借金返済のためにお金を借りたいがキャッシングの枠がない!
  • 借金返済のために借金を重ねている
  • キャッシングの負債が複数に及びもうどこからも借りることができない
  • 返済を滞納していたら、督促の通知や電話がバンバン
  • 借金の返済に大事な家を手放さなくてはいけないかも
  • 収入が減ってしまいもしくはなくなってしまい返済のめどが立たない
  • 収入の激減により返済がつらい

 

そんな状況に陥っていませんか?

 

借金問題の解決には一つひとつできることから着実に着手していく必要があります。

 

借金の解決法

 

借金のマイナスの無限ループに陥った場合どう対応していけばよいでしょうか

 

まず第一に考えることは

 

身内、親に借りる

借金滞納

 

という方法が挙げられます。
借金の解決として一番にあがるのが身内へ相談して借りることです。

 

 

親などに借金の事情を説明し肩代わりしてもらうという方法です。

 

親から借りて一括返済した後に親に少しづつ返済可能な金額を返していくという形になります。

 

いくら身内といえどもしっかりと返済プランをたてしっかり返済していくことが大切です。

 

収入を増やす

借金滞納

 

次に検討したいのが純粋に収入を増やすという方法です

 

副業やアルバイトで返済する資金を自ら稼いで返済をしていくという方法です。

 

しかしこれは努めている会社で副業やアルバイトを禁じられている場合はできません。

 

またそもそもアルバイトをする時間がないというケースも多いですね。

 

とはいえ純粋に収入を増やせる方法がある方は可能な状況ならぜひ稼いで返済しましょう

 

メインの収入以外にも柱があると借金も順調に減らすことが可能です。

 

そうはいっても時間的にも副業なんてむずかしい。。。
親や親類に借金を頼めない状況、、

 

そんな場合にはいったいどうしたらよいでしょう

 

ずばりプロに相談することです!!!

 

プロに相談する

プロに相談するとすぐにお金がかかるというわけではありません。
まずはどうすることが無理なく返済していくことが可能になるかプロに相談して検討していくことが大切です。
まずはご自身の借金がどのくらい減らせるかシュミレーションで無料診断をおすすめします

無料シュミレーターはこちら↓

 

借金を上手に返す

 

借金には様々な事情があると思います。
個人事業の資金繰り、ギャンブル、ブランドをたくさん買い込んで浪費してしまったなど様々な事情があると思います。

 

一つ言えるのは借金返済には必ず上手、下手があります。
上手な方に共通するのは、追加で借入をしないことです。

 

借りるほど利息の支払いが増え、家計を圧迫することを知っているのです。
借りることでその場は金欠が解消するでしょうが、返済するときになって憂鬱になるでしょう。

 

一番やってはいけないのは、借金返済のために借金をすることです。
この状況に陥っている方は、100万円以上の借金を抱えていることが多いです。

 

繰り上げ返済は早期完済のコツなので、毎月少しでもいいので多めに返済するようにしましょう。

 

月に5,000円返済のところを7,000円にするなど、多めに返せば返済期間を短縮化し、利息の節約にもなるのです。
利息が多すぎて元金が減らないという方ほど、返済能力を超えて借りています。

 

借りすぎの有無を決定するのは初回融資の段階です。
借りる段階から借金返済をイメージしておくのが、上手に返済するコツなのです。
確実に返済可能な借入ならば、無理なく完済できるはずです。

 

任意整理で借金返済し借金滞納から逃れる

 

借金返済をしていくにあたり、利息の返済などで精いっぱいとなり、元本まで手が回らないということが出てきます。

 

利息をできる限り減らして元本を減らし、借金返済の負担を軽減したいという時には任意整理がおすすめです。

 

任意整理とは、裁判所などの公の機関を通すことなく、債務者と債権者の間で利息、もしくは毎月借金返済に充てている返済額を減らすよう交渉し、スムーズに返済できるようする方法です。任意整理の場合弁護士や司法書士事務所にお願いし、債権者である金融機関などと交渉することになります。任意整理は、話し合いがまとまるまで支払いをストップでき、債務者への取り立ても止まります。

 

また、債務者が何かしらの作業をしなくても、弁護士などが一連の作業をしてくれるため、債務者は成り行きをただ見守っていればいいので、安心です。任意整理を行う際には、経験豊富な弁護士、もしくは司法書士事務所にお願いしましょう。

 

※任意整理をする場合には、安定した収入があることが条件となります

 

任意整理で毎月の借金を減らした事案

夫の会社が不況により収入が激減してしまいました。

 

子供に通わせているおけいこ事や、学習塾の費用を捻出することが難しくなってきました。
そこで夫には内緒で消費者金融からお金をかり毎月の支払いに回すということをするようになりました。

 

本来であれば夫の収入減に伴い生活レベルを下げればよいのですがそれがなかなかできずに
ついつい生活費の不足分の穴埋めをキャッシングして埋めるようになってしまいました。
気が付くと借金の総額が350万円にもなっていました。
350万円を越すと借金の利息分くらいしか返済ができずまったく元本がへらなくなり自分のパート代でも返済が難しい状況に
陥ってしまいました。主人にも相談し債務整理をプロにお願いすることにしました。
無理のない返済プランにしていただき借金の返済にゆとりを持つことができ大変ありがたく思っています。

 

 

 

 

 

多重債務者とは

 

 

多重債務者とは、複数の金融機関からお金を借りている人のことを言いますが、基本的には悪い意味でよく使われています。当然のことではありますが、多重債務者にならないようにお金の管理はしっかりと行わなければなりません。

 

多重債務者によく見られるのは、借りているお金を自分の貯金のような感覚で使ってしまっていることです。

 

その使用目的は様々ですが、基本的にはパチンコなどのギャンブルが多く見られます。借りたお金でギャンブルをするということは、言語道断ではありますが、多重債務者の多くが、お金に関する感覚が麻痺してしまっているような方も多く、歯止めが効かない状態になってしまっていると言えます。

 

金融機関のカードローン等は、借り入れ金額が増えれば増えるほど利子の金額も上がります。毎月の収入を考えた上で、必要最低限の利用に留めておく必要があります。

 

多くの負債を抱えないようにするためには、借りたお金は1日でも早く返すということを常に心がけなければなりません。